2014年3月29日 (土)

オークションでいらないものを売る秘訣?

オークション(競売や競りともいいますね)で自分の住居にあるいらないものや、使わなくなった物などを売ると小銭稼ぎかも知れません。

どうしても資金が足りなくなったらこんなサイトが活用されているようです。

消費者金融 即日融資

場合によっては、ゴミとして捨ててしまおうと思ったような物が、数千円になったりする場合もあって、捨てる前に考慮して少しでも売れそうと思ったのならね、オークション(近年では、インターネットオークションが最も有名かもしれません)に出品してみてはいかがでしょうか。

オークション(近年では、インターネットオークションが最も有名かもしれません)に出品することは、非常に簡単です。

出品する際には、品物の写真(上手に撮るためには、それなりに技術が必要になります)を必ず取ってオークションのページに写真(近頃では、女性でもカメラが趣味の人が増えてきました)を貼りましょう。

写真がなくても出品できますが、品物の写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)がないと品物がないのに空出品を行っている「詐欺(募金詐欺や結婚詐欺など、色々な詐欺がありますが、近年では振り込み詐欺やワンクリック詐欺が流行っています)」だと思われる可能性があるのです。

それに、入札(一般的には競争入札を指すことがほとんどでしょう)をする立場になって考慮してみても、どんな物かを写真で見て判断する事が殆どですよね。

また、商品に対しての説明も重要となってきます。

分かりやすいように、ちょっとした汚れなどがある場合もしっかりと記なさって下さい。

これを怠ると、後で「汚れていた」などのクレームやトラブルも発生するため、注意が必要になりますよね。

発送の際の配送代は、通常、落札者様負担とする場合が多いんです。

オークション(官公庁オークションやペニーオークションなど、色々な種類があります)の出品の時に、送料はどっちが負担するかを表示可能ですので、必ずいずれかを選んでください。

代金の支払いの時に一緒に送料も振り込んでもらうか、あるいは着払いにするかも忘れずに記しておいて下さい。

普通郵便や定型外郵便で送る場合は、郵便事故の恐れがあることを伝えて、郵便事故も起こったとしても出品者は責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)を負えないことにも同意してもらうようにします。

オークション(官公庁オークションやペニーオークションなど、色々な種類があります)に出す際には、オークション(最も高い価格をつけた人が購入できるシステムです)のマナーなどもあるので、オークション(官公庁オークションやペニーオークションなど、色々な種類があります)サイトのことも少なくない質問などで、充分に確認を行ってから出品にして下さいね

無料ブログはココログ